情報の真偽を確かめるための必要なこと

誰でも気軽に情報を知ることが出来るツールとして、インターネットとテレビがあります。これらのツールの中にある情報は全てか全て真実とは限らず、情報の真偽を確める方法が必要になります。

情報というのは、受けてと発信者がいて初めて成立するもので、多様の情報を見てそこからどのように感じるかはその情報を見た人に依存されます。

よくある話で、噂話が誇張されるといったことをこれまでに経験したことがある人もいると思います。情報が多くの人に拡散していくことで、そのソースがいったいどのようなものだったのか判別することが出来なくなってしまうのです。

これは、情報社会の弊害ともいえるのではないでしょうか。

真偽が曖昧な情報で不利益をこうむる人、または企業、ひとつ間違えると人の命にも直結することがある情報の真偽はしっかりと確かめて、判断することが望ましいと思います。

その情報の真偽を確かめる方法としてもっとも簡単な方法としては、多数決で情報を見ることです。
賛否の多数決でもいいですし、ネガティブな情報と、ポジティブな情報の両方を見て、どちらの情報がより多く書かれているかを見ることで真偽を確かめることが出来ます。

また時間が掛かってしまうかもしれませんが、情報のソースを探すといった方法もあります。
これは、第一発信者を特定するために、関連する情報の中から時系列ごとにソートして、一番初めの情報を見つけ出すといった方法です。

これらの方法で、情報の真偽をある程度確かめることが出来るのではないでしょうか。

PAGETOP