浮気の慰謝料はいくら請求することができるか

配偶者に浮気をされたら、離婚をするしないは別にして、浮気をした配偶者とその浮気相手に慰謝料を請求することができます。

慰謝料は離婚時に払ってもらうモノと思っている人もいますが、実は離婚をしなくても、浮気をした配偶者とその浮気相手に慰謝料を請求することができます。

では、慰謝料を請求する際、いくらの慰謝料を請求しますか?

テレビなどで、セレブの夫婦が、夫の浮気に対して慰謝料を100億円請求したという驚きのニュースを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

莫大な金額を慰謝料として浮気をした相手に請求できる、と思った人もいるかもしれません。
しかし、実際にはそんな莫大な金額を請求しても、一般の人には支払うことはできません。
浮気調査の専門家

では、どれぐらいの金額を慰謝料として請求すればいいのか、具体的な慰謝料の金額をお伝えする前に、まずは慰謝料を決める条件についてご紹介しましょう。

慰謝料の金額を決める条件は大きく分けて4つあります。

・婚姻期間の長さ
・浮気を行った期間の長さ
・受けた損害の大きさ(精神的苦痛、肉体的苦痛)
・慰謝料を請求する相手の社会的地位(収入や資産)

これらの条件を総合的に判断して、慰謝料の金額を決めていきます。
また、ここで紹介した条件以外にも、お子さんがいる場合といない場合、浮気を主導したかどうかも金額を決めるときに影響があります。

では、いったいどれぐらいの金額を浮気をした相手に慰謝料として請求することができるのか、慰謝料にも相場があります。

様々な条件から具体的な金額を割り出すことはできますが、あくまで慰謝料の相場を予想するのであれば、一般家庭の場合、300万円から400万円程度が慰謝料の相場になると思います。

この金額は、浮気をした配偶者、浮気相手の異性、それぞれに300万円から400万円の慰謝料を請求するわけではなく、この金額を分けて請求します。比率はどちらが浮気を主導したかによって、異なりますが、浮気を主導したのが、配偶者であったとしたら、配偶者に150万円から200万円、浮気相手の異性に残りを請求するといった感じになります。

慰謝料の相場をお伝えしましたが、慰謝料として請求する金額は、その当事者ごとで違います。それに相手に収入以上の慰謝料を請求するだけならいくらでも請求することは可能です。
ただし、あまりに高額な慰謝料を相手の支払い能力を超えて請求した場合、慰謝料の減額を要請されることもあり、また、協議離婚や調停離婚、裁判離婚などの離婚方法、離婚はせずに浮気相手だけに慰謝料を請求するなど、これらの請求方法によって、金額は増減します。

PAGETOP