ネット情報がネタか真実か判断が難しい理由

最近のネット内でのニュースで気になる点がいくつかありますが、その中でも「これはネタ?」と目を疑うような事件がネット上で流れていることがあります。

つい先日にも、アメリカで記録的な寒波が襲ったことがニュースで伝えられていましたが、ネット上にも、その寒波の影響を現地アメリカの人が撮影してネット上のサイトまたは、ソーシャルメディアを通じて世界中に公開していました。

その中には「ナイアガラの滝が凍った」という画像も含まれていたそうです。
ナイアガラの滝と聞くと、世界有数の巨大な滝であることは日本人でも知っていることです。更に観光客も多く訪れる観光スポットでもあるので、知名度はかなり高いのですが、巨大な滝が凍ってしまうものなのか?と疑問を持った人も多いのではないでしょうか?

事実、この公開されていた画像は違うものであったといわれています。
しかし、その画像自体というか、ナイアガラが凍ってしまうというのは偽情報でもないのです。
実際に寒波の影響でナイアガラは凍ってしまったらしく、その画像自体が偽物であったとしても、凍ったという真実は起こったわけです。

何を言っているのか困惑してしまう内容ですが、ネットのニュースや事件ではよくあることです。
ネット上のニュースでは真実かどうか判断することが出来ないものは多く、その理由として個人の主観で発信される情報というのがありますが、テレビでも真実だと思ったニュースが実は誤報だったということはままあることです。

どんな情報でも真実を求めると、ネタとしか思えない情報が実は真実だったということもあるかもしれませんね。

PAGETOP